DVD買取の3つの方法

もう見なくなったDVDを処分したいと考えている人も少なくないかと思います。
でも単に「ゴミ」として捨ててしまうのはもったいない!不要になったDVDは買取してもらいましょう。
買い取ってもらえたなら、売れたそのお金でまた新しいDVDを買う資金にもなりますよ。

店頭買取のメリット、デメリット

店頭買取
DVDの買取方法は、大きく分けて店頭買取、出張買取、そして宅配買取の3つがあります。
それぞれの方法にそれぞれのメリットとデメリットがあるので、DVD買取を考えている人はそれらを比較して自分に合った方法を選ぶのがいいでしょう。

まず最初に紹介するのは、店頭買取です。
これはDVDを買取店に持ち込んでその場で査定および買取をしてもらうというやり方で、最もなじみ深いものではないでしょうか。
持ち込むのはDVD買取店や中古DVD販売店、リサイクルショップなどです。

この方法のメリットは、利用しやすい点やすぐに買取してもらえる点です。
また買取スタッフの顔を直接見ながらやりとりができるので、信頼性が得やすいという点も挙げられるでしょう。
デメリットとしては、お店が近くにないと利用できないことや枚数が多いとクルマなどの運搬手段がなければ持ち運びが大変なことがあります。
さらに、特にリサイクルショップなどではたとえレアものや価値のあるDVDであっても「タダの中古DVD」という扱いしかしてもらえず高値で買取してもらえないという点もあるでしょう。

出張買取のメリット、デメリット

出張買取
次に出張買取です。
これは買取店に買取を依頼するとお店からスタッフが自宅まで買取にやってくるというものです。

わざわざ店舗に出向かなくてもいいですし枚数が多くても持ち運ぶ必要はありません。
買取査定もその場で行なってくれますし、査定金額に納得すればその場で買取してもらえるのもメリットでしょう。
ただしお店の出張買取対応エリアでなければ利用できませんし、自宅に来てもらう日にちや時間を相手と折衝する必要があります。
また知らない人を自宅に上げることに抵抗を感じる人もいますし、わざわざスタッフに来てもらったのだからと査定金額に納得できなくても断り切れずに買取してもらう人も少なくないようです。

宅配買取のメリット、デメリット

宅配買取
三つ目の方法が、宅配買取です。
これは買取してもらうDVDを宅配便を使って買取店に送る方法です。

お店が近くになくても問題ありませんし、買取対応エリアも特には存在せず原則的に日本中のどこからどこへ送っても対応してもらえます。
買取方法もDVDを段ボール箱に詰めて宅配業者に取りに来てもらうだけなので、いつでも自分の都合のいいスケジュールで手配ができるのもメリットです。
発送料は買取業者で負担することがほとんどですし、依頼すれば段ボール箱やガムテープなどの梱包資材をただで送ってくれるところもあります。
デメリットとして挙げられるのは、買取までに時間が掛かることでしょう。
DVDを送ってから査定金額が提示されそれに納得すれば買取となって買取金額が振り込まれるわけですが、お金を手に入れるまで1週間程度は掛かると考えておく必要があります。
また、査定金額に納得ができなければ買取を拒否できますが、その場合DVDの返却に掛かる費用はこちらで負担しなければならなくなります。

出張買取と宅配買取の共通のメリットとしては、レアものや価値のあるDVDはそれなりの価格で査定してもらえる点も挙げられます。
いずれも買取専門の査定スタッフが値打ちのある品物なら適正な判断をしてくれるので、そのようなDVDがあるなら出張買取や宅配買取がおすすめです。

DVD/Blu-ray(ブルーレイ)の買取
■https://www.buyking.club/items/dvd